Buffalo – WI-U3-866D を Ubuntu 14.04 で使う

CiscoのWiFi-APと相性がよくってUbuntuで使えるUSB-Wifiアダプタを探してたんだけど、ちゃんとスキャンできてちゃんと繋がるのは3個試してWI-U3-866Dだけでした。まぁ。繋がっただけ良しとしましょう。

このWI-U3-866DはRTL8812AUっていうカニのチップを使っているらしく、Ubuntu14.04だとapt-getでもドライバが入るんですが、これを使うと異様に感度が悪くなります。

そこで、OSSのドライバを入れるわけなんですが、定番のこれは安定しているものも、通信を始めるとビットレートが低下する現象に悩まされることに。。。

散々いろいろ試した結果これが接続性もよく、ビットレートの低下もなくて安定していたので報告します。

ただ、WI-U3-866Dは標準では繋がらないので、
os_dep/linux/udb_intf.cを編集して下記の通り追記しましょう。

そのあとは普通にmake , make installで大丈夫。dkmsまではやる元気なかった。とりあえず動いたんで良しとしようや。

ここまで行き着くのが大変だったんよ。

カテゴリー: PC パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。